RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Diary

by Masami Hioki
フォトショCC
0
    悩んだ末にフォトショップCCを月額1000円で購入することにしました。この料金にはライトルーム5も含まれているので許せるかな?と妥協した訳です。なにかと嫌らしい商売をするアドビ製品から他のソフトに乗り換えようかと検討していたのですが、今日までに購入すればずっと月額1000円というキャンペーンにまんまと乗っかってしまった次第です。それでもシルキーピックスを強烈に薦めてくれる知人もいるので体験版を試してみて検討してみます。  それにしてもCS4からの久々のバージョンアップなので、どこがどう進化しているのか浦島太郎状態。せっかくなので最新機能を使いこなせるよう勉強してみようかと思います。  写真は今日もバンコクのワーゲン・ビートル。この頃の型がやっぱ好きですね。 EOS5DMark EF24-105mmF4LIS
    | 写真 | 21:58 | - | - | - | - |
    21世紀の1枚
    0
       告知が遅くなりましたが、10日より新宿ニコンサロンbisにて日本舞台写真家協会25周年企画展第二弾の写真展「21世紀の1枚」が始まります。是非お出かけくださいませ。  昨晩はSPAC秋の新作オルフェオの撮影をしてきました。お世話になっている静岡児童合唱団との夢のコラボ。オペラの苦手なおじさんにも楽しめる、さすが宮城監督作品と思わせる舞台でした。本番は今日と明日の2回公演のみです。それにしても静岡児童合唱団の歌声は素敵でした。
      | 写真 | 11:24 | - | - | - | - |
      アンドレアス・グルスキー展
      0
         舞台写真家協会のパーティーに出かけて来たついでに写真展をはしごして来ました。  キヤノンギャラリーで行われている竹沢うるま氏の「Walkabout〜1021日、103ヶ国をめぐる旅の記憶-」。ニコンサロン銀座で行われている原芳市氏の「常世の虫」。そして国立新美術館でのアンドレアス・グルスキー展。ここだけの話、舞台協会の写真展よりもお目当てはこのアンドレアス・グルスキー展だったのです。  いやはや、なんともすごい写真展!我が仕事部屋である明るい暗室よりも広い(大きな)プリント。いったいどうやって撮影しているのか?どこまで画像処理してあるのか?なぞだらけ。ただ、写真的にはすげ〜!と思うけど好きな写真といえば前の二人の写真展のほうが個人的には好きでした。それでも、もらえるならアンドレアス・グルスキー氏の作品が欲しいですね。なんしょ、1点3億円!だもんね。まあ、もらえる訳ありませんが。  そう言えば、自分の個展も始まってます。浜岡カントリーの3階にあるすごく広いギャラリーです。9月1日までのロング写真展、夏にぴったりの写真展ですのでドライブがてら見に行ってみて下さい。   OLYMPUS E-P3 14-42mmF3.5-5.6
        | 写真 | 18:38 | - | - | - | - |
        JPS展2013「プロフェッショナルの世界」Part4
        0
           5月18日から行われるJPS(日本写真家協会)展の「プロフェッショナルの世界」Part4に参加します。本当は昨年の参加予定だったはずなのですっかり忘れておりまして慌てて作品のキャプション等を送りました。タイトルは「熱タイ・ピープル」でバンコクの人々のポートレイトです。5枚組のカラーの作品です 実は同じタイトルでモノクロの写真展をやりたいと思いプリントを続けていたのですが2月末の締切に間に合いませんでした。バンコクの人たちのポートレイトはフイルム時代に一度キヤノンサロンで行っているのですが、その時と比べるとまだクオリティーが低いような気もするで後2回ほど撮影に行かねばと思っております。  今年は10月にもニコンサロンで日本舞台写真家協会の25周年記念展が予定されております。まだ先の話ですがお時間ありましたら遊びに来てください。  写真は「熱タイ・ピープル」モノクロームバージョンより。 EOS5DMark供EF24-105mmF4L
          | 写真 | 23:33 | - | - | - | - |
          写真教室パート2
          0
             JPS(日本写真家協会)の「写真学習プログラム」、静岡市立安倍口小学校6年生のみなさんとの写真教室の第回目を行って来ました。
             前回はフィルムカメラの「写るんです」で楽しい写真の写し方を説明し、実際に校内で撮影会をやり、残りのフィルムを修学旅行に持って行き東京を激写してきてもらう。と、いうところまでで終了。
             で、戻って来たフィルムを現像し、出来上がったサービスプリントから日置が一人につき1枚選んで4切ワイドという大きなサイズに引き延ばしました。
             いや〜驚きました。思いもよらない傑作がかなり生まれました!大人には決して撮れない名作ですね。
             引き延ばしたプリントを渡した時の子供たちのわくわくした表情も印象的でした。
             大伸ばしした写真は後日校内で写真展として多くの生徒さんや家族の目を楽しませてくれる予定です。これはうれしい。
             まったく内容のない反省点ばかりが頭に浮かぶ写真教室でしたが生徒さんたちに写真は楽しい!という感想が聞けてほっとしました。やってよかった。
             今日の1枚は、12月らしく、クリスマスバージョンの東京タワーです。

             EOS7D 10-22mmF3.5-5.6
            | 写真 | 22:59 | - | - | - | - |
            静岡てくてく
            0
              朝、朝刊をぼんやり眺めているとどこかで観た顔が。良く見るとカメラマンの萩原さんだった!記事は昨日から静岡市民ギャラリーで行われている写真展の案内でした。
               で、街に出る用事があったので帰りに早速立ち寄ってみました。いつも色々と頂き物をしているので、プリン好きの萩原さんに半熟プリンを手土産に会場へ。が、萩原さん不在でした。そうだよね。二日も会場にいるほど暇じゃないよなー。
               写真は静岡を愛する萩原さんの愛情たっぷりの写真がずらり。キャプションがまた良い。自分は写真展ではキャプション書かない派なのですがこんなキャプションなら写真が生きて来る。見習わなくては。
               写真展は7日までです。
              | 写真 | 23:25 | - | - | - | - |
              芸術の秋
              0
                 芸術の秋本番ですね、今日はSPAC秋の新作で、今井朋彦氏演出「わが町」のゲネプロを撮影してきました。
                 撮影前にストーリーなどを予習していくものの実際の撮影にはあまり役にたたないです。どのポジションから撮るのが最適かその場その場ですばやく判断しなければならないからで、ぶっつけ本番ではその判断の予測が難しいのであります。観ている人がいなければ良いのですが関係者の方が大勢観ているので邪魔にならないように気を使ってしまうしね。そんな訳で今回も反省点が沢山あったような、、、。
                 約2時間半の劇の中に人間の一生を凝縮して観る事が出来る「わが町」は来週30日から計6回公演ありますので興味をもたれた方は静岡舞台劇場まで!
                 撮影の帰りに長女をピックアップし、一緒にユニクロへ行き990円のジーンズを購入。学生時代からずっ〜とリーバイス一筋だったのでなんだか成り下がり?のような気分ですが、、、。ちなみにこのジーンズ、バングラディッシュ製でした。バングラディッシュの方が作ってくれたのかと思うとなんだか親近感が出て来ましたね。大事に履かないとね。
                 さて、写真は久しぶりに洗濯したリーバイス。いい色です。


                CANON G11
                | 写真 | 22:42 | - | - | - | - |
                写真教室
                0
                   今日は日本写真家協会の写真教育プログラムで静岡市立安倍口小学校へお邪魔して6年生のみなさんを対象に写真教室の1回目を行ってきました。
                   写真教室といっても実にシンプルで、フィルム付きカメラの「写るんです」をを使って楽しく写真を撮ってもらう事。そのためのちょっとしたアドバイスを1時間の枠の中でお話したり、実際に校庭に出て写真を撮ってみたりして楽しい時間になりました。
                   27枚撮りの「写るんです」のうち今日は4枚まで撮っていい事にして残りは来週の修学旅行に持って行ってもらい楽しい想い出を撮って来てもらうことになっております。そして撮って来たフィルムを現像し、自分が各生徒さんの写真の中から1枚選んで4切りにプリントして教室に飾ってもらいます。JPSなかなかがんばってますね。そんな訳でどんな写真を撮ってきてくれるか楽しみです。天気が良いといいですねー。安倍口小のみなさん今日はお疲れ様でした。
                   写真は今日の授業時に撮った1枚。楽しい感じ伝わって来ます?

                  CANON G11
                  | 写真 | 22:03 | - | - | - | - |
                  令嬢ジュリー
                  0
                     三連休の最終日、午後から静岡舞台劇場へ「令嬢ジュリー」のプレス向け記者会見に使う写真の撮影へ行って来ました。後半の一部分の稽古風景を撮影させてもらったのですが、兎に角暗い!写真に詳しい方なら分るかと思うのですが、露出はISO12800でF4で15〜20分の1秒。涙ものです。これ状況でブレてませんように!と祈りながら撮影する。役者さんが動けばそれまでなのでタイミングを計りながら手持ちでシャッターを切っていくのですがいやはや精神的にキツイ撮影でした。
                     撮影前に暗転時の動きのテストを入念に繰り返し、撮影が1時間半ほど遅れてしまったのですがフランス語が飛び交う暗闇の中で普通では見れない稽古を見る事が出来て中々面白かったです。
                     残念ながら舞台の写真はアップできないので久しぶりにバンコクの写真を。ちょっと古い車シリーズです。

                    EOS 5DMark供24-105F4LIS
                    | 写真 | 22:33 | - | - | - | - |
                    「ユメミルチカラ」
                    0
                       「ユメミルチカラ」撮影してきました。ゲネプロなのですが昨日とは格段に良い感じに仕上がっておりました。明日と12日の本番ではもっと子供たちが輝いた舞台になるのではないかと思います。時間がありましたら観に行って観て下さい。
                       前回の「モモ」もそうだったのですが静岡県内に住むオーディションに合格した小学生から高校生が今回の舞台の主役です。これは一生思い出に残る貴重な経験で、将来、この中から演劇人がそだつかもしれません。また舞台芸術の裾野を広げる意味でも良い企画だと思います。これらは新しい芸術監督の宮城さんの提案で進められているそうすがこれからも続くといいなーと今日の舞台をみながら強く感じました。
                       静岡にはAOIもそうですがこうしたすごく素敵なホールがあるので機会がありましたら観に行ってみる事をお勧めします。
                       そんな訳で今日はSPACの本拠地静岡芸術劇場のホール内館です。なかなかカッコイイですね。


                      EOS 1DMark検24-105mmF4Lいs
                      | 写真 | 22:15 | - | - | - | - |